女性の薄毛の種類は?

MENU

女性の薄毛の症例について

女性の薄毛の症状は個人個人違います。ご自身がどのタイプにあたるのかを把握し、適切なケアをする必要があります。

 

では、女性の薄毛の症例を見ていきましょう。

 

1.瀰漫(びまん)性脱毛症

瀰漫性脱毛症は女性に一番多く見られる脱毛症です。特徴は髪全体が薄くなり、分け目が目立ち、頭頂部の皮膚が見えてしまっているというもの。ホルモンバランスの乱れやストレス過多、栄養不足、誤ったヘアケアなどが主な原因で、更年期前後に症状が現れる女性が多くいます。

 

2.牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は長期間、髪の一部を引っ張り続けることにより、その部分だけ抜け毛が増える脱毛症です。
こちらは普段、同じ髪型(ポニーテールなど)を続けなければ防げますので、意識して髪型はたまに変えるようにすればよいでしょう。

 

3.批糠(ひこう)性脱毛症

批糠(ひこう)性脱毛症は、フケが毛穴を塞いでしまうことで炎症を引き起こし、毛髪が発育できなくなる事から起きる脱毛症です。頭皮の脂を気にして一日に何回もシャンプーをしたり、ゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけてしまい逆効果になる恐れがあります。シャンプーは1日1回、頭皮を優しくケアしながら洗いましょう。また、フケが異常に多いと感じた時は、脂漏性皮膚炎などの可能性もありますので専門のクリニックなどに相談すると良いでしょう。

 

4.批糠(ひこう)性脱毛症

分娩後脱毛症とは、毛周期である「成長期→退行期→休止期→自然脱毛→成長期」のヘアサイクルが、妊娠後期の女性ホルモンの影響でバランスが崩れ、出産後に一気に休止期に入るために抜け毛が増える状態の事です。
通常、半年から1年ほどで自然に回復していきますが、高齢出産等で体力の回復が遅い場合は自然に回復しがたいこともあります。

 

以上で主な女性の薄毛の症例でした。

 

ご自身のケースと当てはめて必要があれば専門医に相談するようにしましょう。

 

関連ページ

口コミで人気の女性用育毛剤の特徴って?
口コミで人気の女性用育毛剤の特徴についてご紹介しています。どの育毛剤が良いか迷っている方はどうぞご参考にしてください。
女性の薄毛の原因は何ですか?
女性の薄毛の原因は、男性が薄毛になる原因とは異なります。こちらでは女性の薄毛の原因についてご紹介していますのでどうぞご参考にしてください。